賢く防音仕様にする|楽器の種類によって防音室の作りを変える!音漏れリスクを少なめに
作業員

楽器の種類によって防音室の作りを変える!音漏れリスクを少なめに

賢く防音仕様にする

インテリア

日常生活をおくれば、音は生じやすいです。確かに、でっかい音を出すのは楽器に限った話ではありません。子供が飛び跳ねる音や話音にテレビ音、家電の稼働音に至るまであらゆる音が存在します。また、ペットの鳴き声やエアコンの室外機の音もあります。我々の生活は、常に音に囲まれているようなものです。生活音だから仕方がないと思うかもしれませんが、場合によっては隣人に迷惑をかけてしまう可能性もあります。特別に大きな生活音を出していることで苦情がきてしまったら、対策として室内を防音仕様にするのがおすすめです。しかし、全部防音仕様の部屋にしたら、高額な費用がかかりそうな予感がします。予算を抑えめにして生活音を最小限に抑えたいと思ったら、音を吸収する効果があるグッズを利用するのはいかがですか。遮音性の高いものは、ホームセンターは勿論ですが日常生活のあらゆる場所に音を吸収する素材がたくさん存在します。

まず、床への防音対策として音を吸収する効果のあるマットを敷き詰めるのがおすすめです。ちなみにマットによっては、壁に貼り付けられるタイプのものも存在します。敷き詰めたり貼り付けたりするだけなので、大規模な工事を必要としないのは確かです。マットの購入費用だけで済ませられるので、工賃や人件費は特別かかりません。予算を抑えるにはうってつけのグッズであるといえるでしょう。また、お金をかけずに防音壁を作りたいと思ったら、スポンジや卵のパックを利用するのも有効です。スポンジやプラスチックではない卵パックにも音を吸収する効果が備わっています。