男女

楽器の種類によって防音室の作りを変える!音漏れリスクを少なめに

目的の明確化

作業員

防音工事を依頼する場合は、ちゃんと目的意識をもった上で依頼をするのがおすすめです。目的意識をもっていれば、どこの業者に依頼をすればいいのかが見えやすくなりますよ。

Read More

賢く防音仕様にする

インテリア

予算をかけずに防音仕様の部屋にしたいなら、マットやスポンジにプラスチックでない卵パックを活用するのがおすすめです。吸音効果があるのに、比較的安い費用で購入できるので、賢く防音仕様の部屋にできます。

Read More

楽器の音を把握

メンズ

心の底から楽器演奏が好きな人は、たくさん練習をしたいという考えを抱きます。しかし、練習できる場所や時間帯はどうしても限られてしまうでしょう。学校といった教育施設や教会といった宗教的な施設では、利用できる時間が予め決まっているので、遅くまで練習できません。住宅地から離れた場所にある公園や川沿いでは、暗くなるまで練習はできますが、楽譜が見えにくくなるのでやりづらさを感じてしまいます。存分に練習をするには、自宅が一番ですがさすがに近所迷惑になるので大きな音を出しにくくなるでしょう。しかし、自宅での練習をしやすくする方法は存在します。それは、防音室にしてもらうことです。防音室に切り替えてしまえば、外部に音が響き渡りにくくなるので、大きな音を気にすることなく出せるのは間違いありません。

防音室にするためには、使用している楽器のことを考慮するところから始めましょう。楽器は、全部が全部同じ音を出すわけではありません。高音質のものから低音質のものまで、あらゆる楽器が存在します。また、湿度や温度によって音程が微妙に異なる楽器も存在します。そのため、業者に依頼をするときは、演奏している楽器は、どんなタイプのものなのかを事前に話しておくのが重要です。楽器の音程を熟知すれば、防音室で使う素材数を適切な数に出来ます。適切な遮音性にするためには、音程把握は重要な要素といえるでしょう。知っておくだけで、失敗せず適切な質感の防音室に出来るのは間違いありません。

見積もりの内訳をチェック

男性

ドラムは、他の楽器と違って特殊なので、普通の防音工事では音が防ぎきれません。ドラム向けの防音室にするのが得意な業者を見つけ出したいなら、見積もり内訳をしっかりと説明する業者を選びましょう。

Read More